トピックス

2019.03.29

憧れのアスリートの食事から食べ方を学ぶ 「勝ち飯®」出前授業

  • #スポーツ栄養
  • #子ども
  • #食育

次世代を担う子どもたちの健康なカラダづくりを願って!
~東京都内小中学校で「勝ち飯®」出前授業を実施~

味の素(株)は「東京都オリンピック・パラリンピック教育」※1に参画し、2017年12月より東京都内の小・中学校にて「勝ち飯®」の出前授業を実施しています。
「何を食べるか?」ではなく、「何のために食べるか?」を考えながら、おいしくバランスの良い食事摂取のあり方と実践のポイントを伝えています。

※2019 Winter発行 Ajiconews vol4より

この記事の主な画像一覧

味の素(株)では、2003年から日本を代表するトップアスリートに対して、食とアミノ酸を通じたコンディショニングサポート「ビクトリープロジェクト®」を推進しています。
トップアスリートをサポートするための栄養プログラムとして生まれたのが「勝ち飯®」です。
スポーツ栄養学をベースに、選手1人1人のコンディション、目標に応じて、栄養バランスを考えた「勝ち飯®」メニューを提供し、選手の活躍を食事面でサポートしています。
15年を超えるこのサポートを通じ、カラダづくり・コンディショニングにおける
栄養指導のノウハウを蓄積。ここで得られた知見を、一般生活者の健康なカラダづくりにも活かせるよう、「勝ち飯®」の授業に取り組んでいます。
授業で子どもたちに目標を聞くと、「マラソン大会で1位になりたい」「もっと上手になりたい」など、それぞれの目標が挙がります。
憧れのアスリートの「勝ち飯®」の具体例や動画を織り交ぜて子どもたちの興味を惹きつけつつ、日々の生活での実践を意識できるようにわかりやすく伝えています。


topics_4_01.jpg主食・主菜・副菜・汁物・牛乳/乳製品の5つの輪(皿)に果物をプラスした食事が理想的な献立です。①たんぱく質と②野菜、③汁物の活用という3つのポイントを意識することで、毎日の食事においても手軽に栄養バランスが改善できることを伝えています。

勝ち飯®︎ポイント1:たんぱく質
カラダづくりに欠かせない肉や魚、卵、大豆などのたんぱく質をしっかりとる

勝ち飯®︎ポイント:2野菜
カラダを整えるビタミン・ミネラル源の野菜をたっぷりとる

勝ち飯®︎ポイント:3汁物
消化・吸収を助けるうま味のきいた汁物を献立に取り入れる


topics_4_02.jpg授業終了後、『今まで好きな物を食べたいという気持ちがありましたが、「何のために食べるか」を考えたいと思いました』という感想をいただき、手応えを感じています。今後も次世代を担う子どもたちの健康なカラダづくりを願い、取り組みを進めてまいります!

※1 「東京都オリンピック・パラリンピック教育」は、特に「ボランティアマインド」、 「スポーツ志向」、「豊かな国際感覚」などこれからの時代を担う子どもたちに必要とされる資質・能力を育むことを目指し、東京2020大会に向けて都内公立学校が実施しているものです。


〈「勝ち飯®」出前授業に関するお申込み・お問合せ〉

お申込み:
「東京都教育委員会 東京オリンピック・パラリンピック」学校ID専用サイト(東京都内の小中学校 限定)

お問合せ:
「東京都オリンピック・パラリンピック教育コーディネート事務局」 
TEL:03-6278-7281(平日10時〜17時) 
FAX:03-6278-7283 
E-mail:school@o.p.edu.metro.ne.jp


より良いサイトづくりのためアンケートを行っています。ご協力おねがいします。